2018年陸マイルの旅

2017年から陸でマイルを貯めつつANA隠密修行をしたわたしの趣味の旅行(遠征)、買い物、グルメ、つれづれ日記。

アイランドシャングリ・ラ香港のホライゾンクラブルームに泊まってきました

シャングリ・ラだいすきおばさんですこんにちは。

先日香港に行った際に、香港島にあるアイランドシャングリ・ラのホライゾンクラブルームに宿泊しました。

カオルーンのシャングリ・ラについてはちらっとこちらに書いてあります。 

www.jabobeat.com

 

ホライゾンハーバービュールーム 

今回の予約はこちらの記事を拝見してVirtuosoを通して予約してみました。

アイランドシャングリラにおけるVirtuosoの特典は、同クラスのハーバービュールームへのアップグレード、ホテルのレストランで使えるクレジット100USDまたは空港への片道送迎だったかな。

あと、朝食をペトリュスで食べられるんだけど、これはホライゾンクラブルームに宿泊したらVirtuoso通さなくても食べられます。

予約したのはホライゾンピークビュールーム。

lifeistravel.hatenablog.com

 

羽田を深夜に出たので香港到着は朝の4時半ごろ。

空港からタクシーに乗ってホテルに到着したのが5時半ごろ。

事前にメールしたら「早すぎ!さすがにそんな時間のアーリーチェックインは無理やわ(意訳)」ってお返事が来てたんだけど、ホテル到着したらあっさりお部屋に通してくれてシャングリラ大好きってなりました。

f:id:jabobeat:20180608090003j:image

▲シャンデリアがウリのアイランドシャングリラらしくお部屋にもシャンデリアがどーん

 

ウェルカムフルーツとお茶とチョコレートまで用意してあるっていう歓迎ぶり。好き。
f:id:jabobeat:20180608085943j:image

▲お茶、おしぼり、お手紙、チョコレート、フルーツでぎゅうぎゅうのテーブル
f:id:jabobeat:20180608090105j:image

▲フタをあけたらチョコレートが!甘すぎず美味しかったです。甘いの苦手でひとつしか食べてないけど

 

お部屋の広さは44平米。カオルーンシャングリラの同クラスより少し狭いかな。

とはいえお部屋の広さを誇るシャングリラです、十分広い。大きい窓と、壁に向かうようにしてデスク、テレビ、長椅子が並んでます。
f:id:jabobeat:20180608090229j:image

▲こういう長椅子ってみなさん座ります?
f:id:jabobeat:20180608090225j:image

▲デスク。照明の奥にLANケーブルとかUSBのコンセントとかたくさん電源の取り口があってかなりありがたい
f:id:jabobeat:20180608085959j:image

▲ベッドサイドにももちろんお水が置いてあります。いいホテル行くとお水買わなくていいの地味にうれしいですよね
f:id:jabobeat:20180608090044j:image

▲ミニバー。小さいお酒の瓶っておままごとみたいで好き
f:id:jabobeat:20180608090041j:image

▲冷蔵庫の中は有料です
f:id:jabobeat:20180608090016j:image

▲お部屋から玄関を撮ったところ。右手がクローゼット、左手がバスルームです

f:id:jabobeat:20180714154239j:image

▲お部屋からカオルーンを臨む眺め。ちょうどシンフォニーオブライツをやっていました
f:id:jabobeat:20180714154233j:image

▲朝の景色。いつまで見ていても見飽きることがありません

バスルーム

ではお待ちかね、わたしの大好きなバスルームです。

トイレとシャワーブース、バスタブにわかれています。シンクは喧嘩にならないダブルシンク!シンクの下はふかふかマットがひいてありました。

ロクシタンのアメニティも充実、しかもバスソルトまでありました。最高!住める~!
f:id:jabobeat:20180608090218j:image

▲これってビデなのか香港式トイレなのかどっちなんでしょう?誰か使い方教えて下さい。
f:id:jabobeat:20180608090235j:image

▲豪奢なシンク!右手にバスタブがあります。テレビ付き。
f:id:jabobeat:20180608085940j:image

▲全景が撮れていないシンクです。もちろん脚を伸ばせてゆったり入れます
f:id:jabobeat:20180608090024j:image

▲シャワーブース
f:id:jabobeat:20180608090110j:image

▲香港シャングリラのアメニティはロクシタンのジャスミン。ふんわりジャスミンがいい香りです。でもわたしはブルガリ(東京)が好き…

ホライゾンクラブの特典とホライゾンクラブラウンジ

56階にあるホライゾンクラブラウンジは6:30から23:00まで利用できます。

この時間内はいつ行ってもお茶とクッキーなどを頂くことができます。そして、アイランドシャングリラは全時間帯ビールやワインが飲めます!!

フードプレゼンテーションのスケジュールは以下の通りです。

朝食:6:30~11:00

カクテルタイム:18:00~20:00


f:id:jabobeat:20180608085956j:image

ラウンジ内はこんな感じです。アイランドシャングリラもクラシックな感じ。欧米文化と中国文化が混ざり合った重厚感あふれるお部屋です。
f:id:jabobeat:20180608090013j:image
f:id:jabobeat:20180608085936j:image

ここで喫煙家のみなさまに朗報です!ラウンジに入って右の奥に空中庭園の入り口があるのですが、空中庭園ではタバコが吸えます!!!
f:id:jabobeat:20180608090150j:image

▲室内ですのに!灰皿が置いてあって!どの席でもタバコが吸えます!ラウンジからお酒持って移動もできます!
f:id:jabobeat:20180608085930j:image

▲空中庭園…庭園?

カクテルタイム

ではさっそくカクテルタイムです。

シャングリラは東京もカオルーンもすごくしっかりしていたのですが、ここアイランドシャングリラも夕飯ここで済んじゃうレベルの充実っぷりでした。

コールドミールはもちろん、ホットミールとデザートまであってちょっとしたレストランのバッフェみたいです。
f:id:jabobeat:20180608090243j:image

▲フレッシュジュース
f:id:jabobeat:20180608090038j:image

▲マドレーヌと、キッシュ。他にエッグタルトもこのあと並べられました
f:id:jabobeat:20180608090343j:image

▲デザート
f:id:jabobeat:20180608090030j:image

▲パンやグリッシーニと生野菜、サラダ。ロメインレタス大好き▼
f:id:jabobeat:20180608090051j:image

真ん中のテーブルがコールドミールとデザート、右手奥がホットミールです。

(さらにその奥がタバコが吸える空中庭園)
f:id:jabobeat:20180608090124j:image
f:id:jabobeat:20180608090157j:image

▲デザートが豊富でびっくりしました。普段甘いもの食べないのですが珍しく食べたらめちゃくちゃ美味しかった!
f:id:jabobeat:20180608090048j:image

▲パンとハムと葉っぱとワインがあれば生きていけると割りと本気で思っています

 

ホットミールは中華色濃い目のラインナップでした。
f:id:jabobeat:20180608090222j:image

▲春巻きと焼き鳥と、なんだっけこれ
f:id:jabobeat:20180608085910j:image

▲BBQチキンウィング。中華風の甘いタレで美味しかったです
f:id:jabobeat:20180608090204j:image

▲おっぱい饅頭…ってみんなおもうよね?
f:id:jabobeat:20180608090100j:image
飲み物はサーブしてくれますが、セルフサービスも可能です。

なんとこちらのシャンパンはわたしの大好きなヴーヴクリコでした!アイランドシャングリラ、推せるッ!
f:id:jabobeat:20180608085953j:image

 

11:30頃のラウンジ

チェックアウトをラウンジで済ませたので、ついでに食べ物をチェックしてきました。

うん、やっぱり一日中お酒いただけます。フルーツやコールドミールがメインで、朝食の残りといった感じでした。
f:id:jabobeat:20180608090211j:image
f:id:jabobeat:20180608090117j:image

▲サーモンは香港では奪い合いにはならなかったようです
f:id:jabobeat:20180608090140j:image

▲フルーツ、フルーツ、フルーツ!南国のフルーツたっぷり
f:id:jabobeat:20180608090121j:image

▲これゼッタイ朝食の残りだよね?の、おかゆ。

 

ペトリュスで朝食を

朝食はペトリュスでいただきました。

クラブラウンジと同じ56階にある、ミシュランスターのレストランです。せっかくならラウンジではなくこちらでいただくのをおすすめします。

豪華なお部屋でリッチな気分になれますよ!

コールドミールのメニューはバッフェ方式でラウンジとほぼ同じですが、メインのメニューが違います。ちょっといいやつ!

メインはオーダー方式、エッグステーションなどはありません。
f:id:jabobeat:20180608090134j:image

▲ペトリュスも安定のシャンデリア
f:id:jabobeat:20180608090137j:image

▲フルーツ類
f:id:jabobeat:20180608085946j:image

▲フルーツ類その2
f:id:jabobeat:20180608090254j:image

▲フレッシュジュース
f:id:jabobeat:20180608085913j:image

▲コールドミールとペストリー。パンの種類は東京ほどじゃないにせよ豊富でした
f:id:jabobeat:20180608085926j:image
f:id:jabobeat:20180608085923j:image

▲エッグタルトもあったよ!
f:id:jabobeat:20180608090114j:image

▲甘いパンたち
f:id:jabobeat:20180608090147j:image

▲フルーツコンポート
f:id:jabobeat:20180608090127j:image

▲ヨーグルトとシリアル

 

メインはオーダー式。和洋中とあります。
スクランブルエッグとブラッドソーセージを頼みました。朝から血のソーセージって!
f:id:jabobeat:20180608090020j:image

 ▲ベーコンで隠れてるけど、この下にソーセージがあります。こっくりした味わいで美味しかったです。好き嫌いわかれると思うけれど

f:id:jabobeat:20180709104337j:image

 ▲ロブスターのスクランブルエッグ。スクランブルエッグの中にもロブスターが!美味

 

夏宮(サマーパレス)のディナー

香港のシャングリ・ラといえばカオルーンの香宮(シャンパレス)の方が有名な気がしますが、こちらの夏宮もミシュラン★★の名店です。

カクテルタイムはがまん(がまん?)して、夏宮にいきました。

わたし乞食鶏(富貴鶏、叫化鶏)が大好きなのですが、前日までに予約しておくと乞食鶏を食べることができます。

f:id:jabobeat:20180709104517j:image

▲お店の入り口。重厚な表札(表札?
f:id:jabobeat:20180709104530j:image

▲高級感溢れるテーブルに着席すると、夏宮の豆板醤ときゅうりがサーブされました
f:id:jabobeat:20180709104534j:image

▲ウェルカムティーのローズティー。香港ってお茶おいしいですよねえ
f:id:jabobeat:20180709104542j:image

▲海老ワンタン揚げ
f:id:jabobeat:20180709104538j:image

▲ピータン生姜。半熟とろとろのピータン、初めて食べました

 

で、お待ちかね乞食鶏です。

中国の漬け物やシイタケ、豚肉やら香辛料を詰めた鶏を蓮 の葉でくるんみ、さらに土で全体を包み蒸し焼きにした料理です。ふたりで食べる量じゃない。でも食べたい!

できあがったらまだ土釜にくるまれた状態で見せてくれました。

このあと土釜を木槌で割る儀式をやらせて頂いたのですが、わたしの弱弱しいハンマー捌きにお店の人から生暖かい笑顔をいただきました。
f:id:jabobeat:20180709104523j:image

▲できたてほやほやの乞食鶏。中身が気になります

 

木槌体験コーナーが終わると一度下げられ、きれいに鶏と詰め物をほぐして混ぜた状態でサーブしてくださいました。

これがもう、上品な味で詰め物のトロトロ感とまざって絶品でした…!

ああ、書きながら今すぐ香港に行ってまた食べたい。
f:id:jabobeat:20180709104527j:image

▲頭は飾りでしょうか?悟りを開いた表情でした

 

もう一品、とても美味しかったのが車海老と春雨炒めでした。

ソフトシェルの車海老と春雨…といっても日本の春雨というよりそうめんに近い春雨の塩炒め。シンプルながらこちらも絶品でした。

ただ、もうお腹いっぱいでしたので残してしまったのが悔やまれます。

中華ってあれこれ食べたいけど量が多いから(乞食鶏食べたせいでは)、次は大勢で行きたいな…。
f:id:jabobeat:20180709104520j:image

▲殻ごと食べられる車えびがプリプリで最高

プール&ジャグジー

アイランドシャングリラのプールは屋外プールです。

カオルーンの池みたいな室内プールと違って広くてガシガシ泳げました!

フィットネスの入り口で受付を済ませて、更衣室で着替えたあと外に出ますのでバスローブ等を羽織ったほうがいいと思います。

(水着を着て室内歩き回るのはかなり恥ずかしい)
f:id:jabobeat:20180608090056j:image

▲更衣室の入り口から
f:id:jabobeat:20180608090248j:image

▲バスローブやタオル類もたっぷり。ランドリーバッグもあります
f:id:jabobeat:20180608085950j:image

▲ロッカーの鍵。センサー式でかざすと開きます

 

全景が撮れていないという相変わらずな写真ですが、外プールです。

プールのまわりを囲むようにビーチチェアとソファが置いてあります。
f:id:jabobeat:20180608090232j:image

▲写真奥のカウンターでもタオルやお水をいただけます。この右手奥には外ジャグジーもあります
f:id:jabobeat:20180608090215j:imagef:id:jabobeat:20180709104425j:image

▲一泳ぎしてバスローブ羽織ってぼんやり。左奥にはレストランがあるので、飲み物片手にのんびりすることもできます。オールインクルーシブではありませんが笑
f:id:jabobeat:20180608090130j:image

▲外ジャグジー。身体が冷えたらここで温まれます。ジャスミンのいい香りがしました

 

こちらは更衣室エリアの室内ジャグジーです。更衣室ですので裸で入れます。

平たい顔族ですのでお風呂につかるのはしあわせの一語に尽きます!
f:id:jabobeat:20180608090006j:image

▲階段をのぼるとそこはジャグジーだった
f:id:jabobeat:20180608090035j:image

 ▲ジャグジーONボタンを押してぶくぶく。泡の強さはこんな感じ。強め!気持ちいいです

 

広いプール、中と外にあるジャグジー、とても良かったです!

やっぱりプールはお空を眺めながら入りたいなって思いました。

(見える景色はビルなんだけど)

シャングリラ仕様のメルセデスで空港へ

さて、チェックアウト直前までプールで楽しんだあとはVirtuosoの特典で空港へ送迎していただきました。

f:id:jabobeat:20180714153936j:image

わたし車には詳しくないんですが、メルセデスでした。天井がガラスになってて、開くやつ(語彙力)。

車内Wi-Fi完備です。

当たり前ですけど静かでスピード出しても安定してて、とっても気持ちよいドライブでした。わたしのような庶民が送迎とかしてもらって恐縮しかなかった…
f:id:jabobeat:20180608090241j:image
f:id:jabobeat:20180608085933j:image

▲頭のところにはシャングリラマーク
f:id:jabobeat:20180608090027j:image

▲おしぼり、お水、おやつも完備!いたれりつくせり

 

で、びっくりしたのは空港についたらシャングリラの方が待ち構えていて、荷物をチェックインカウンターまで運んでくださったんです。

わ、わしゃ庶民じゃけぇ…自分で運べるで…と言えるわけもなく、そして当然のように(?)「ビジネスクラスのカウンター?」って聞かれました。

持ってて良かったSFC!エコノミーだけど「Yes!!!!」って元気よく答えられました。

ポーターに荷物運ばせてエコノミーにチェックインするちぐはぐ感SUGOI。
f:id:jabobeat:20180714153908j:image

▲着いた瞬間にさっさと荷物を運んでくださったポーターさん。荷物預けたら颯爽と去っていきました。 

 

アイランドシャングリ・ラとっても良かったです♪

 カオルーンもとーーっても良かったのですが、やはり決め手はプールとヴーヴクリコということでわたしはアイランドが気に入りました。

料金についてはVirtuosoを通すのと公式のベストレートはほぼ同じくらいでした。

ワンウェイですが送迎がついてる分、タクシー代節約できたかな?といった程度です。

あとは必ずハーバービューになる点でしょうか。

シャングリラに限らずVirtuosoを通して予約する場合は、特典などを鑑みて予約するといいかと思います。

シャングリラ修行については下記の東京宿泊時に思った通り、ホライゾンクラブルームを予約すればしなくていいかなあと改めて思いました。

クラブアクセスはダイヤモンド会員にならないとついてきませんしね。*1

駅直結ですのでセントラルからは少し離れていますが、交通の便も悪くありません。

ラウンジドリンク、フードについては言うことなしですからホテルステイが好きな人ならホテルに1日引きこもっていられますし、そうじゃなくてもこの眺望のよさとホスピタリティは必ず満足できると思います。

 

次の現実逃避先の候補にいかがでしょうか?

 

▼東京のシャングリ・ラについてはこちら▼

www.jabobeat.com

*1:年間50泊or25滞在は無理やで…!